みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

クレジットビューローってなに?

ちょうど昨日じょんちゃん主催

お金の勉強会もあったし

そこでもちらっと

アメリカで信用度を測るものとしての

クレジットスコア、っていうのを

話をしたところなんです。

f:id:Tomokotmk:20170914122219p:plain

 

 

 

そうしたら今日

Equifaxというクレジットビューローの

個人情報大流出という とんでもないニュースが。

 

 

まずクレジットスコア/ヒストリー(履歴)とは。

簡単に言えば 個人の信用度を数字にしたもの、あるいはその履歴。

 

 

あるソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)*1の人について

これまで どれくらい借金をしたことがあるか

その返済を どのくらいきちんとやってきているか

というデータから

「借金返済に対する信用度」を数字であらわしたもの。

クレジットスコアが高ければ データ的に社会的信用があり

金利でお金を貸してもらえるけど

これが低いひとは 返済しきれない可能性があるということで

スコアが低いと 金利が高くなる、ということ

 

 

各個人を ただの数字で「信用出来るか否か」と表すので

集めるデータも多くなる。

これらを管理し 数字で表して

《この人の信用度はこのくらいですよ−》って出してるのが

クレジットビューロー(信用情報機関)。

アメリカでは3社が良く知られ(Equifax、Experian、TransUnion)

これらのスコアはFICOスコアというものを中心に

はじき出されます。

 

 

 

個人情報(とくにお金周辺の)は全部紐付けされているし

どこかの顧客リストの個人情報 どころではない

本当に大事で秘密にしておくべきものまで入っている。

これが今回の問題。

 

 

どういうことかというと

この情報を使えば(特にSSNと誕生日など)

新しいクレジットカードがつくれるし

もっというと

誰かがなりすましで借金もつくれてしまう、ということです。

 

 

 

ということでアメリカ、

てんやわんやです。

このニュース番組動画は30分あるけど

キャスターの真剣さが普段よりも、ね。

英語ですが興味あったら見てください。

(そのページに 話している内容が文章でかいてあります)

 

www.pbs.org

 

 

 

そうそう、そのスコアってどんな数字?

どうやって決まるの?

どうやったら上がるの?ということが

綺麗に書かれているので 参考までに。

 ↓ ↓ ↓ 

www.us-lighthouse.com

 

 

*1:各個人の収入,税金、リタイアメント貯金等のデーターと繋がっている。日本で言えばマイナンバー

★★Equifaxデータ流出対処について★★

※在米以外の方は なんの話?という説明を

この後の記事で書くので 読んでください

 

アメリカの3大クレジットビューローのひとつ

イクイファックス(Equifax)がハッキングされ

140万人以上の個人情報が流出した と発表されました。

 

詳細はこちらの動画(ニュース)を。

www.pbs.org

30分ありますが、対処法から

この先こういう事件に対してどういう先手をうつか、ということも

説明されてます。

(動画下部に 話の内容がタイプアウトもされてます)

 

 

さて、実際にやることは以下。

1.Equifaxサイトの個人データが流出可能性が

  あるかどうかを調べるページへ。→★こちらです★

  cf:なにが起こっていてEquifaxや国がそれに対して

    どう対処してるか、等が書かれたのは ☆こちら☆

    f:id:Tomokotmk:20170914104603p:plain

  こんな画面がでますので、入力していきます。

 

2.情報流出の可能性のある場合だとこんな画面がでます。

 2-a

    f:id:Tomokotmk:20170914104839p:plain

  ・・・いやぁ、サンキュー言われてもな・・・

  ま、とにかくオレンジのEnrollボタンをぽち。

 

 2-b すると新しい画面で

  上部にEquifaxがこれから1年何をやってくれるか、が出て

f:id:Tomokotmk:20170914104847p:plain

  その下には

f:id:Tomokotmk:20170914104856p:plain

  ということで、

  影響があるかもしれない人は優先的に

  このモニタリングサービスにいれてくれます。

  

  ・・・とはいえ。

  サインアップしてから1時間、

  まだ確認メール届かないけど・・・・滝汗

 

3. 情報流出の可能性のない場合だとこんな画面がでます。

 3-a とりあえず良かったですね、Equifaxは「we believe」だそうで

  f:id:Tomokotmk:20170914110751p:plain

  でもやっぱり、心配だからEnrollしてみますと・・・

 

 3-b こんな画面が。

  f:id:Tomokotmk:20170914110949p:plain

  とりあえずウェブサイトがパンク状態なのでしょう、

  ここにかかれた日にち以降に

  ★こちらにアクセスしてください。★とのことです。



とりあえず まず自分のデータが

流出したかしないか 調べる

そしてとりあえず最初のステップ、がこれです、ということ。

 

 

やることはまだありますが、

とりあえずそれは リンクの動画から見てくださいませ。

 

 

三年寝太郎、むくっと起きました。

うちの小象は14歳。

日本では中3、こちらでは「9年生」といって

Upper School(高校)の一番下の学年になりました。

 

 

反抗期も順調に過ぎ(あるいはまだ渦中)

「かーちゃんあっちいけ!」も時々復活する今日この頃。


長い長い(ホントに長かった。。。)夏休みの間

家から出ない、ごろごろしてる、

やれと言われたこともやらない、

返事は遅い、何言ってるんだかわからない。。。。

三年寝太郎」の日本昔話がどこから出てきたか

すごくわかるぅぅぅ、と泣いていた(大袈裟)ハハなのですが。

 

f:id:Tomokotmk:20170907113907j:plain

(小象は左です、ねんのため)

 

オットも私も結局何もできず(させられず)

ここまできてしまいました。

が、

新学期が始まったら。

 

 

突然「SAT(全国統一テスト)受けて良い?」と私に聞く。

「どうぞ。」「いつならいい?」

「自分で決めたら?でも家族で予定があるときはダメだよ」

そんな会話が先日あって。

(本来、高校生活の後半?で受けるものらしい)

 

 

今日は夕食後「かーちゃん、高校って何年いけばいい?」

「何年でも?長かろうが短かろうが、

自分でこれを、と決めなければどっちにしても

あんまり変わらないんじゃない?」

・・・どうやら、単位をがんがんとって

はやく大学に行きたいらしい。

 

 

「どうして大学に行きたいの?」

「家を出て1人で暮らしたいから。」

 

おおおお!

三年寝太郎が、突然なにか自分で考え出した!!!

 

 

 

とはいえ。

「それはいいけど、生活費、学費を

自分で何とか出来るように考えなさいよ

「・・・え?(笑)」

あ、これはずっと前から

親である私達と小象の約束事です。

 

 

自分から 私が所属する人権団体にも所属したい と

初めて言ってきました。

おどろき。

 

理由はなんでもいい。

家を出たい、というのは自立の最初の一歩。

本気なら自分で方法はきちんと探せばでてくるし

本人が一生懸命考えて、のことなら 

私はそれでも良いと思う。

(社交性とか友達づきあいとか

それは小中学校で散々やらせたから もういいかと思う)

 



ま、この変化が 

一時的にアタマをよぎったアイディア、で終わらないことを

ハハとしては切に願います・・・

 

 

f:id:Tomokotmk:20170907114047j:plain

新学期はじまって最初のPTAミーティング。

始業式はないので、こんなので親が気分を切り替える、

こちらの学校ってそんなもの。

ユタ州ってこんな感じなのだ

久し振りにコロラドの方向へ走って

やっぱりユタって乾燥してる!

地面の色がたくさんある!

って思いました。

少し 私のそんな印象がとどくといいなぁ・・・

 

f:id:Tomokotmk:20170816134445j:plain

赤い土に ぼこぼこと砂岩の岩山。

f:id:Tomokotmk:20170816134454j:plain

セージが広がってる場所もあります。

 

f:id:Tomokotmk:20170816134458j:plain

隆起地形、断層地形、浸食地形

メサにビュートにデューン・・・・

そして広い空。

もうほんと、これぞユタ。

 

f:id:Tomokotmk:20170816134531j:plain

アーチーズ国立公園外でも こんな立派なアーチがあったり

(ウィルソンアーチです、これは)

 

f:id:Tomokotmk:20170816134538j:plain

カラフルな断層と見事な砂岩の岸壁。

 

f:id:Tomokotmk:20170816134547j:plain

大陸横断鉄道、今も大事な工業、鉱業の味方。

 

f:id:Tomokotmk:20170816134539j:plain

 

このキャニオン、通るときの7割天気が悪い。笑

 

夫婦でロスを歩きました(2)

↓のつづきね。

tomokotmk.hatenablog.com

 

 

会場のAratani Theatreは 880席ありますが

ほぼ満員。多分全席完売だったんじゃないかな。

 

f:id:Tomokotmk:20170509052444j:plain

英語のパンフレットですが、

狂言のいろはから 歴史、表現法や

この柳井匡(ユニクロCEO)さんの寄付で動き始めた

日本文化研究と教育の会について、その功績について書かれています。

 

f:id:Tomokotmk:20170509032217j:plain

能舞台だ!!!

 

狂言の基本的な表現や歴史についての野村萬斎さんのトーク

万作の会のみなさんのパフォーマンス付きで行われ

(これ、基礎知識の浅い日本人にもとても有り難かった!)

 

f:id:Tomokotmk:20170509032539j:plain

30分の休憩時間には

希望者は五目チラシを買うコトができて

(5時スタートで8時半くらいにおわるんで、

確かに「ごはんどうしよっか」と話してました)

・・・しかも水のボトルつき6ドルという嬉しいお値段。

 

 

3つの有名な題目をやっていただいて、

オモシロイし さすが〜!の演技だし

かなり幸せなイベントでした。

 

 

で、その後(結構寒かったのもあり)

飲んべえ夫婦は ちらっと飲める場所を探して

リトルトーキョー(隣にあります)へ向かうも

どこもスゴイ人出でして。

土曜、というのと、シアターから流れた人というのと。

結局 少し行ったところの

「居酒屋」GAZENというところに

あれね、「酒」とかかれた灯りって

ちょっと抵抗し難い・・・笑

 

 

のだが。

お客さんの90%が日本語を話す日本人、というのが

もしかしてオイシイ?という期待を膨らませすぎたかもですが

んーーーちょっと物足りなかったかな。

おしゃれに、とか

ちょっと目先を変えて、ということでしょうけど

酒の肴に選んだ3品は

変わってるけど・・・他のをオーダーしても良かったかな?という感じ。

つまり、私達にとって「2度来なくてもいいかな?な店」だった。

 

 

アメリカだから

アメリカ人にもウケるように

在る食材を工夫して・・・

そういう気持ちはわかる。とっても。

 

 

でもねー。

「こんなもんで良いか」でこの味ですか?的な

妥協点がちがうところにあるような品々では

どうだろう・・・って思っちゃうんだよね。

どの1品を頼んでも「お?!」があってこそ・・・というのは

我が儘でしょうか。

 

 

これ、アメリカでの外食に ものすごく言えること。

流石に競争の激しい大都市(NYC、サンディエゴとか)だと 

おおお、ってのがあったけど

なんというか、中途半端。

外食で「オイシイ日本食はどこで?」ってよく聞かれるけど

日本食なら家でつくる、と

多くのひとが言う理由なんじゃないかなぁ・・・

あ、日本食に限らず

アメリカでは気をつけないとこういう事が多々ある。

(お昼に食べた「フライドチキン&ワッフル」とかね)

舌が肥えた人がおおいかどうか、ってのも

あるのかもしれない。

 

 

私達の当たりがわるいのか、と思ったけど

ヨーロッパではそんなことない。

ペルーとか、どこに行っても感激する旨さだった。

 

 

外食産業が一筋縄じゃないのはわかります。

でもお客さんの味覚を侮ったものって

残念ながら一発で分かる。

私達夫婦も40半ばをこえてきて(私はもうアラフィフだし)

どうせ旅をするなら 

その土地の美味しいモノを食べたい、と思う。

その土地で育ったものなら尚更いい。

でも それを満足させる「食事情報」って少ないよなぁ。

 

 

と、旅をする度に思うので

ちょっと辛口になろうがなんだろうが

これからはdine-outしたところは

正直に書いていこうかなと思う。

折角の地域情報だもんね。