読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

自分を信じるって 手強い。

自分をそのまんま信じて

私はこれがやりたいの〜というひとを

ちょっと羨ましく思うくらい

(完全にそうなりたいとは思わないんだけどね)

私は自分を信じられません。

 

 

そんな私が「スピのひと」と括られるようになった理由も

実はよくわからない。

だって 私が分かるコトって

皆さん 強弱あれど分かるもんだと思ってるし。。。

 

 

それでも

もの凄く困り果てる時があります。

今が そこ。

アタマのなかに はっきりと

言葉が浮かんでくるくる回るとき。

自問自答 とは違う所からやってくることば。

 

 

特にそれが大それたコトだと

もうどうしていいか分からない。

ホントですか?わたし、アタマおかしいんじゃないですか?

何度もなんども考えていると 訳分からなくなるし。

 

 

でも それは大きな問いへの答でもあるんです。

私がずっと考えて、何度もまぁいいかと手放したもの。

だけど 人間って愚かだから

答だ、とわかるものを掴んでも

私なんかにそんな言葉は来ないよ・・・

私はそんな事出来ないよ・・・

どれだけ、私は自惚れてるの?と

ぐーるぐるぐーるぐる。



でも同時にちょっと観念もあるんです。

こう気付く前後で

私の信頼する人達と

話すことが決まっているから・・・

まるで私がこのぐーるぐる状態に陥ることを

知っていたかのように 予定されていっていたから。

 

 

 

信じたもの勝ちなんだよ、この世界。

信じてみるものしか見えないことがある。

 

 

私は一体どうするんだろうなぁ。。。。