読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

二度目の自己変革ヒーリング(前編)

さて。格好悪いけど

自分探しはずっと続いてる、って話。

 

 

あっちぃさんの自己変革ヒーリングは

ホントにスゴイのだ。

そしてなぜか 私(とか三好由紀ちゃん)にとっては

過去生の話までがんがんでてきます。

(由紀ちゃんブログはこちら↓)

ameblo.jp

 

 

2回目の自己変革で

一番驚いたのは

あっちぃさんが「もう終わりにしますねー いいですかー?」って

お手伝い下さった私の守護の人達とかに確認したときの話。

 

 

長い長いお話なので こちらと

ameblo.jp

 

こちらのお話を できたら読んで欲しいのだが
(業務連絡:ゆきちゃん、この長いお話、
 リンクのまとめ付けてくれよ 笑
 

ameblo.jp

 

 

まぁ、要するに

その遠い昔 三好由紀ちゃん(オトコでした)が

病気で亡くした娘を生き返らせようとし(錬金術師だったから)

こっそり彼女をガラスのような容れ物に入れたままにした

山本あきよちゃんは 別系統の錬金術師として

当時の由紀ちゃんの親友)

その娘さんを診察し看取った私(オトコ)は

ゆきちゃん(くどいがオトコ)のその後を案じ

その後 たまたま教会の会議に現れたあきよちゃん(こちらもオトコ)が

啖呵を切って出て行くのを追いかけて

(ゆきちゃんから司祭だった私へ根回しはあったらしいが)

あきよちゃんに「彼(ゆきちゃん)はどうしてる?」と

聞いた・・・というところまでが

あれこれを突き合わせてわかった

ウソかホントか、の私達の過去生。

 

 

上記のお嬢さんは アッチィさんの手を借りて

(ゆきちゃんの自己変革ヒーリング)

無事 浄化され(当然ゆきちゃんもね)

「薫子」という名前で 今も由紀ちゃんを見守ってる。

 

 

うーん、なかなか話が先に進まぬ・・・・笑