読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

「翻訳」を反対側から見たときに。

あんまり書くようなコトじゃないかも、ですが

 

 

オットは彼の分野での専門書を

何冊か書いてます。

身内ということをさっ引いても

教えるのが上手な人なうえ

(注:妻へはあり得ないが)
文章も的を得た書き方が出来るし

まぁ、向いてるんじゃないの、とは

思うんですが

 

 

先日出した本が

「ロシア語翻訳」で出るんだそうな!!

 

 

で、思った。

翻訳本を出してもらえる、と聞いたとき

作者は嬉しい反面

不安でもあるだろうなぁって。

 

 

特にその言語を読み書き出来ないときは

確認作業も出来ないわけです。

 

 

もう相手を信じるしかない。

 

 

言葉はナマモノ、生き物と思うひとには

かなりの恐怖を伴うかもね。

 

 

私も(流れで)翻訳をしたことはあります。

・・・が

自分の解釈にならないよう 

かつ 自分で噛み砕いた解釈が表現出来るよう

細心の注意を払っていると

「とてもpayしない」と思うほどの

労力と時間をかけてしまうので

今は基本 お断りしてます。

 

 

翻訳するって 単純作業じゃないよなぁって

ホント、思いますね・・・