読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

実は一番難しいけど・・・

お金・稼ぐ についてのシリーズです。

稼ぐこと(序章) 

借金はそんなにわるいか??? 

(少し逸れて)エネルギーの話 

お金とはなんぞや。  

お金をつかうというイメージ 

あなたにとっての「成功」を知ってますか 

実は一番難しいけど・・・ ←イマココ。

流量を増やす 

借金はそんなにわるいか???② 

私とお金、を考え始めた 

成功は 稼ぐ額か? 

悪い借金とは 

 

 

 

さて、ちょっと、というか

かなり話は飛びます。

 ココでも書いたのですが

お金のことを話す前に

その理由をきちんと考えるのは

正しいエネルギーの流れを作るのにも大事だと思います。

 

 

そもそも

①その欲しいお金は 本当に必要ですか?

②それがないと本当に目的は達成できませんか?

③そのお金は自分でつくらねばイケマセンか?

④あなたの人生のなかで そのお金を使うべきコトは

 どのくらい大事なことですか?

 

 

みなさん ゆっくり自問自答する時間をとって欲しい。

 

 

10人いれば10通り、100人いれば100通りの答え。

だからこそ むずかしいけれど

他人の言葉に振り回されないで欲しい。

 

 

私自身のことを書きます。

 

前に書いたように 

「永続的に経済の動きを生む」なにかを作りたかった。

(それが本当に私の夢?という疑問もありましたが

それはまた 別のところで。)

①その欲しいお金は 本当に必要ですか?に関して

「自分がヒーローになりたいなら」

つまり自分の資金でつくって・・・というものを望むなら

答はYesですが そうじゃなくたっていいわけだ。

つまり 私は「承認欲」から 

そのお金をつくらないと、って思ってたんだね。

 

②それがないと本当に目的は達成できませんか?

こちらもNOでした。

私じゃなくても良いわけです。

誰かの動きに賛同、でもいいわけです。

なら、稼ぐことに気をとられ

気持ちを削っていくのは・・・あんまり賢くないよね。

人生の時間は限られているのだし。

 

③そのお金は自分でつくらねばイケマセンか?

今ならきっぱりNo,と言えます。

自分で、というのは現実をしっかり考えてないのと

大体 方法論が確立してないところで言うコトじゃない。

自分でつくる、じゃなくて自分で集める、でもいいのだ。

自分で借りる、なんかは更に現実的にアリなわけ。

 

 

④あなたの人生のなかで そのお金を使うべきコトは

 どのくらい大事なことですか?

2番目くらいに大事です。

1番は家族だから。

 

 

 

そして 多くの女性に言えるけれど

結婚しているならダンナさんをサポートして

おだてて勇気づけて頑張って貰う、っていう選択肢は

現実的で凄くアリなこと。

以前の私の様に手段も確立してないのに

負けじと頑張る、って

ムダなだけじゃなくて賢くない。

オトコのひとは ヒーローになりたいのだ。

「助けて欲しい」って言われることは

(※女性の皆さん、言い過ぎ禁物 w)

ヒーロー魂には大事な栄養素です。

 

 

そして自分のお金の把握法を知ること。

私は「全く」家計簿が続かない。

でも 何にどれくらい使ってるかは

どんぶり勘定だけど抑えてる。

んで、これは大雑把に正解です。

 

 

この感覚は ココで書いた

「お金の訓練や練習」です。

この感覚がベースとなって

「やりくり」を考えるようになる。

 

自分の時間を労働にむけることで

対価として稼ぐときにも

自分の生活のお金の把握ができてないと

仕事が嫌で嫌で。。。になるのはアタリマエ。

 

「好きでタノシイ仕事」をやるのが目的ではない。

「今自分ができることで“生活”する」=自立する が

最初は何よりも大事な事。

(例外もあるのはわかる。

でも「現実ルール」から逃避しても

アタマに花が咲いてる、って言われるのがオチ)

 

 

そしてそんな「我慢もしながら稼ぐ」

=エネルギーの流れを作りながら魂を磨く

これはやっぱり

人生のなかで基礎練習だと思う。

 

 

逃げ出さないで 魂を磨いていくと

それはある時から「ボーナス」となって

お金の流れが自動的になってきます。

ここで「使い方」をかんがえるわけ。

「生きるため」の次の使い方を。

 

 

ちいさな小川しか目の前にないのに

いきなり大型水力発電所はつくれない

だからやっぱり

段階を踏まないといけないのだ。

 

 

そしてそのために

土台、人生のなかでの稼ぐコトへの「理由」を

もってないとね・・・

いきなり低い流れを山のてっぺんに、なんて

どこからやっていいかもわからないでしょう?