読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんせい人 たなかともこ ちきゅうを歩く

常にみかんせい(未完成)は常に変われること、あれもこれもオモシロイ。

借金はそんなにわるいか???②

お金・稼ぐ についてのシリーズです。

稼ぐこと(序章) 

借金はそんなにわるいか??? 

(少し逸れて)エネルギーの話 

お金とはなんぞや。  

お金をつかうというイメージ 

あなたにとっての「成功」を知ってますか 

実は一番難しいけど・・・ 

流量を増やす 

借金はそんなにわるいか???② ←イマココ。

私とお金、を考え始めた 

成功は 稼ぐ額か? 

悪い借金とは

 

 

ここまで お金 にたいする

基礎理解、みたいなのを書いたんですが

もう少しだけ 抽象的な話を書きます。

 

 

私の中ではお金よりも

価値を見出してるものがあります。

 

 

時間です。

 

 

時間ってとても不思議なもので

年齢や やってること(オモシロイ、退屈など)で

曲がることは子供の頃から私達は知っている。

時間って

この世の相でものを作り出す過程を楽しむための

お金とは別のエネルギーツール

(でも曲がったり伸び縮みする 笑)

 

 

もうアラフィフなので

時間の本当に持っている価値

もっというと時間に隠された「タイミング」というダイヤモンドが

ものすごく価値があるとわかる。

 

 

タイミングというダイヤモンドを使うと

びっくりな結果がついてきたりすること

 

 

例えば あなたにとっての成功が

今もってる夢の実現(を通してのなにか、でも良いのだけど)

だったとします。 cf:こちら参照

夢の実現に 設備投資が必要、となったとき

そのお金を全部貯めるまで待つのか

他の調達法がないのかを探して行動するのか

選択の鍵となるのは時間です。

 

 

 

時間を優先する理由

タイミングというものはどんどん通り過ぎるから。

時間をかけていいのはスタートしたあとで

その前に時間をかけているひとは「一生やらないな」と

他の人の信頼やサポートという

大きなものを失いかねないからです。

それは結局 総合して

エネルギーの大きなロスになるだけで

大きな流れを作らねば、という動きと相反します。

 

 

 

で、借金は

この「時間」エネルギーを

味方につけるものでもある。

だから 借金すること自体がわるい、じゃなく

計画の立てられない借金をすることが悪いのであって

借金=お金エネルギーの前借り で

時間(ときにダイヤモンド鉱脈入り)エネルギーをもらいます。

 

 

前に書いた「投資」という使い方は

逆に 先にお金エネルギーを流し出すことで

時間エネルギーの力をもったお金エネルギーを

手に入れる ということです。

 

 

大事なのは お金エネルギーと

時間エネルギーを一緒に考えると

足し算ではなく かけ算の結果が出るということ

 

 

 

借金は悪いもの、として

逃げ回る時間が 

結果的にとても埋められないロスになる

実際 起業家(アントレプレナー)同志でよく話に登るのは

判断の早さと決断してから行動するまでの素早さは

望む所へ達する時間・得られる助力とに

大きく影響する ということです。

 

個人的結論。

方向性にも依ります

大きく稼ぎたい があるなら

借金の覚悟(と借金させてもらえる自分になること)

鍵だ ということ

そして借金自体は「悪い事ではない」

「むしろ現実世界では賢い選択」だということです。